弁護士歴30年以上!実績のある弁護士があなたのお悩みを解決します 初回相談は60分無料です 弁護士 安井 賀子 代表弁護士 藤井 義継 弁護士 谷口 芙美

弁護士紹介

解決事例

兵庫県弁護士会所属

下記のようなことでお困りではありませんか?

新着情報

毎月開催 弁護士による相続・遺言無料相談会 開催日 00月00日(〇) 会場 テキストテキストテキスト 遺産分割や遺留分減殺請求、遺言をはじめとする生前対策など お悩みがあればお気軽にご相談ください!

詳しくはこちら

14日(土)

藤井義継法律事務所

弁護士・相続の専門家による相続・遺言無料セミナー 開催日 6月22日(土) 会場 テキストテキストテキスト 相続の手続きや遺言、相続税などの相続の基礎知識を 無料で聞くことができます!お気軽にご参加ください!

詳しくはこちら

1114日(木)

六甲道勤労市民センター

相続の流れ

相続の流れ フローチャート

相続の流れについて詳しくはこちら

遺産分割などで揉めてしまった方はこちら

たくさんのお客様の声をいただいております

  • 遺産分割

    Webサイトでみつけて、円満調整や調停の方針についてアドバイスをいただくために来ました。対応は早かったと思います。

  • 遺言作成

    HPを見て、雰囲気が良さそうなので、きっと話を聞いてもらえると感じました。藤井義継先生は、案件に対して、的確な話をしていただき、心強く感じました。

  • 遺留分

    インターネットにて確認して相談に来ました。先生が親切で助かりました。

お客様の声はこちら

相続・遺言 解決事例

詳しくはこちら

相続・遺言 Q&A

詳しくはこちら

藤井義継法律事務所が選ばれる5つの理由

  • 1

    相続に強い
    弁護士3名による
    丁寧なサポート

  • 2

    初回相談
    60分無料

  • 3

    相続問題解決
    実績100件以上
    で安心

  • 4

    弁護士歴30年以上
    のベテラン弁護士
    が所属

  • 5

    神戸駅徒歩3分
    の好立地

5つの理由の詳細はこちら

個人のお客様向け 無料会員制度のご案内 神戸相続・遺言サポートネット

詳しくはこちら

無料相続相談の電話予約はこちらから 078-362-2411 受付・相談時間 平日:9:00~19:00 土曜日:11:00~17:00

078-362-2411


藤井義継法律事務所が相続に注力する理由

私が、弁護士として相続に注力する理由は、3つあります。
1つ目は、遺言や家族信託によって紛争の予防が可能であることです。
私は昭和63年登録の昭和最後の弁護士です。私が登録したころは、相続事件となるのは、1億以上の遺産があり、血のちがう兄弟がいる場合というのがひとつのパターンでした。
ところが、介護保険ができ、在宅介護から施設介護となり、親と同居する長男は少なくなり、高齢者のみの所帯が増え、数千万円ほどの遺産を血のつながった兄弟が、弁護士を依頼して分配を争うまさに「争族」事案が増えてきております。
「相続」を「争族」としないため遺言や家族信託という制度があります。遺産は、持って死ぬことはできませんが、生前自分によくしてくれた人たちに、その感謝の気持ちを残して死後に紛争がおきないようにしてあげることは、遺産を残して亡くなる者がなさなければならない仕事の1つであり、弁護士による紛争の防止が可能な分野です。
2つ目は、万一紛争となった場合も、弁護士が関与して、適切な分割案を策定することで早期の解決が可能であることです。
紛争となった場合は、民法に従って解決となります。民法に従って分割した結果どうなるかの結論を、事実関係を適切に整理して、適切な分割案を他の相続人に提示することで、早期の紛争解決が可能となります。解決策も持たずに、徒に遺産分割調停や遺留分減殺請求の訴訟を提起し、細かな点を争点とし、誰のためにもならない紛争を長引かせるのは、感心しません。
3つ目としては、調停や訴訟となった場合も、早期に解決策を模索することで早期の解決が可能であることです。弁護士が関与した場合、証拠を隠し、徒に紛争を長期化させる弁護士もありますが、紛争となった場合も事実関係を適切に整理し、解決策を模索することで早期の解決が可能となります。
以上のとおり、相続分野は、弁護士の知識や経験や能力がものを言う世界で弁護士の腕を見せ所であり、当事務所が相続分野に注力する理由です。
相続にお困りのことがありましたら、まずはお気軽にご相談に来てください。

代表弁護士 藤井義継

所属弁護士の詳しいプロフィールはこちら

神戸で弁護士への相続の相談なら、藤井義継法律事務所へ

神戸で相続の無料相談神戸市には、およそ153万人が暮らしています。神戸市の高齢者人口(65歳以上人口)の比率は、2015年には約27.1%に到達し、神戸市の人口の1/3を占めています。なお、神戸市内で亡くなられる方は2015年に15,023人と年々増加しております。それに伴い、相続についての紛争、弁護士への相続対策のご相談も増加しております。

ここ最近では、神戸で発生した相続トラブル、神戸での相続対策や家族信託などのご相談を藤井義継法律事務所の弁護士に多くいただいております。「相続のことなら信頼できる神戸の弁護士に依頼したい」という方のニーズが高まっております。

神戸には、裁判所が神戸地方裁判所、神戸家庭裁判所、神戸簡易裁判所が兵庫県神戸市中央区橘通2-2-1にございます。周辺には弁護士の事務所が多く存在します。神戸地方裁判所、神戸家庭裁判所、神戸簡易裁判所では、神戸近郊の市町村を管轄し、神戸の遠方の市町村は各支部が管轄しています。藤井義継法律事務所は、神戸地方裁判所、神戸家庭裁判所、神戸簡易裁判所が近くにあるため、遺産分割調停や審判のご相談が弁護士にいただきます。

相続事件の場合、調停を申し立てる裁判所は相手方の住所地を管轄する裁判所となるため、相手方が神戸や糸島のような神戸家庭裁判所管内に住所がある場合には神戸家庭裁判所に弁護士を立て、調停を申し立てます。他方、相手方が神戸家庭裁判所管内以外に住所がある場合、相手方の住所地を管轄する裁判所に調停を申し立てます。

神戸にある当事務所は、相続事件を中心に取り扱う弁護士が所属しています。相続トラブル、遺産分割、相続対策をご相談いただけます。神戸近郊で暮らす皆様から多数の相談、依頼をいただいております。神戸で相続にお困りでしたら当事務所の弁護士にお気軽にお問い合わせください。

兵庫県弁護士会所属

下記のようなことでお困りではありませんか?

毎月開催 弁護士による相続・遺言無料相談会 開催日 00月00日(〇) 会場 テキストテキストテキスト 遺産分割や遺留分減殺請求、遺言をはじめとする生前対策など お悩みがあればお気軽にご相談ください!

詳しくはこちら

14日(土)

藤井義継法律事務所

弁護士・相続の専門家による相続・遺言無料セミナー 開催日 00月00日(〇) 会場 テキストテキストテキスト 相続の手続きや遺言、相続税などの相続の基礎知識を 無料で聞くことができます!お気軽にご参加ください!

詳しくはこちら

1124日(木)

六甲道市民センター

相続の流れ

相続の流れ フローチャート

相続の流れについて詳しくはこちら

遺産分割などで揉めてしまった方はこちら

たくさんのお客様の声をいただいております

  • 遺言作成

    Webサイトでみつけて、円満調整や調停の方針についてアドバイスをいただくために来ました。対応は早かったと思います。

  • 遺言作成

    HPを見て、雰囲気が良さそうなので、きっと話を聞いてもらえると感じました。藤井義継先生は、案件に対して、的確な話をしていただき、心強く感じました。

  • 遺言作成

    インターネットにて確認して相談に来ました。先生が親切で助かりました。

お客様の声はこちら

相続・遺言 解決事例

詳しくはこちら

相続・遺言 Q&A

詳しくはこちら

藤井義継法律事務所が選ばれる5つの理由

  • 1

    相続に強い
    弁護士3名による
    丁寧なサポート

  • 2

    初回相談
    60分無料

  • 3

    相続問題解決
    実績100件以上
    で安心

  • 4

    弁護士歴30年以上
    のベテラン弁護士
    が所属

  • 5

    神戸駅徒歩3分
    の好立地

5つの理由の詳細はこちら

個人のお客様向け 無料会員制度のご案内 神戸相続・遺言サポートネット

藤井義継法律事務所が相続に注力する理由

代表弁護士 藤井義継

私が、弁護士として相続に注力する理由は、3つあります。
1つ目は、遺言や家族信託によって紛争の予防が可能であることです。
私は昭和63年登録の昭和最後の弁護士です。私が登録したころは、相続事件となるのは、1億以上の遺産があり、血のちがう兄弟がいる場合というのがひとつのパターンでした。
ところが、介護保険ができ、在宅介護から施設介護となり、親と同居する長男は少なくなり、高齢者のみの所帯が増え、数千万円ほどの遺産を血のつながった兄弟が、弁護士を依頼して分配を争うまさに「争族」事案が増えてきております。
「相続」を「争族」としないため遺言や家族信託という制度があります。遺産は、持って死ぬことはできませんが、生前自分によくしてくれた人たちに、その感謝の気持ちを残して死後に紛争がおきないようにしてあげることは、遺産を残して亡くなる者がなさなければならない仕事の1つであり、弁護士による紛争の防止が可能な分野です。
2つ目は、万一紛争となった場合も、弁護士が関与して、適切な分割案を策定することで早期の解決が可能であることです。
紛争となった場合は、民法に従って解決となります。民法に従って分割した結果どうなるかの結論を、事実関係を適切に整理して、適切な分割案を他の相続人に提示することで、早期の紛争解決が可能となります。解決策も持たずに、徒に遺産分割調停や遺留分減殺請求の訴訟を提起し、細かな点を争点とし、誰のためにもならない紛争を長引かせるのは、感心しません。
3つ目としては、調停や訴訟となった場合も、早期に解決策を模索することで早期の解決が可能であることです。弁護士が関与した場合、証拠を隠し、徒に紛争を長期化させる弁護士もありますが、紛争となった場合も事実関係を適切に整理し、解決策を模索することで早期の解決が可能となります。
以上のとおり、相続分野は、弁護士の知識や経験や能力がものを言う世界で弁護士の腕を見せ所であり、当事務所が相続分野に注力する理由です。
相続にお困りのことがありましたら、まずはお気軽にご相談に来てください。

所属弁護士の詳しいプロフィールはこちら