相続をするときのポイント

相続放棄と限定承認

多額のローンや借金があったり、保証人になっていた場合どうすればよいですか?

⑴ 相続放棄
相続人は、預金などの財産だけでなく、負債も同時に引き継ぐことになります。そのため、借金がたくさんあって、遺産では払い切れないような場合は、亡くなってから(正確には自己のために相続が開始したことを知ったときから)3か月以内に家庭裁判所に放棄の手続きをします。

相続放棄をすると、はじめから相続人でなかったことになりますので、負債を引き継がずにすみます。ただし、注意しなければならないのは、相続人が放棄すると、次の順位の相続人が相続人となることです。たとえば、子が放棄すると次順位の父母や兄弟姉妹(父母が亡くなっている場合)も相続人となってしまします。

»相続人の確認

弟が亡くなりましたが、妻子が相続放棄し、父母は亡くなっているため兄弟である私が相続人となりました。亡くなってからすでに3か月以上たってしまいましたが、放棄できますか?
できます。この場合3か月の期間は、妻子が相続放棄したのを知った時から起算します。
放棄した後に遺産を処分したらどうなるのですか?

夫は商売をしていましたが、銀行や消費者金融で多額の負債を負担し、病死してしまいました。夫名義の自宅は銀行の担保となっており、売却しても残りは出ません。夫は生命保険に加入していましたので、保険金が3000万円出ました。銀行は自宅を売却してくれと言ってくるし、他の債権者から問い合わせがあり不安です。
【処理】
自宅を売却すると、せっかく放棄しても、承認したものとみなされます(法定単純承認)のでご用心。当職が受任し、相続人全員が相続放棄し、債権者の対応や自宅の売却は、相続財産の破産の申立てをして破産管財人の弁護士にしてもらいました。
⑵ 限定承認
相続人にある程度負債があると思われるが、負債を返済しても財産が残りそうな場合、家庭裁判所で限定承認の手続をとり弁護士を代理人に依頼して負債整理の手続をしてもらえば、残った財産を受け取ることができます。

夫は商売をしていましたが、銀行や消費者金融で多額の負債を負担し、自殺してしまいました。自宅は住宅ローンについていた保険金でローンがなくなりましたので、自宅を売却すれば借金の返済をしても残りが出そうですが、将来のある子供が相続するのは心配です。
【処理】
当職が受任し、子供と兄弟は放棄、妻は限定承認、当職が妻の代理人として自宅を売却して、商売が左前になってからお金を用立てていた身内の債権者の方にも債権者として入ってもらい債務を弁済し、残った財産を妻にお渡ししました。
相続のご相談は藤井義継法律事務所へ。お電話078-362-2411、受付時間/月〜金 9:00〜19:00/土 9:00〜12:00