相続をするときのポイント

相続人と相続割合の確認

誰が相続しますか?

相続では、まず相続する権利を有する人(これを「相続人」といいます。)が誰なのかを確認することが必要になります。相続人は、民法の規定により決まっています。これを「法定相続」といいます。法定相続の場合の相続人は次のとおりです。

亡くなった方(これを「被相続人」といいます。)の配偶者(夫・妻)は常に相続人となります。
配偶者以外に相続人となるのは、①子、②直系尊属(①両親②祖父母)③兄弟姉妹の順番です。(ただし、順位が上の人が一人でもいる場合は、次の順位の方は相続人になりません。)

相続割合はどうなりますか?

相続人が2人以上いる場合には、遺言がない限り、民法の規定により各人の相続する割合が決まっています。これを「法定相続分」といいます。

⑴ 配偶者(夫又は妻)と子がいる場合
配偶者2分の1 子2分1
(子が複数いる場合は、子の2分の1を頭数で均等にわけますから子が2人いれば、1人4分の1、3人いれば1人6分の1です。)
婚外子はどうなりますか?
婚外子の差別規定は最高裁判所の違憲判決により改正されましたので、婚外子であっても相続分は変わりません。
養子はどうなりますか?
養子も同じです。すなわち養子は養親と実親の双方から相続できます。養子に行ったから相続権はないというのは間違いです。
Cf.特別養子
例外が6歳未満の子供との養子縁組の成立と実父母との血縁関係の 終了を家庭裁判所に請求する特別養子です。特別養子は、実父母の遺産を相続できず、養父母の遺産のみ相続します。
⑵ 子がおらず配偶者と親がいる場合
配偶者3分の2 父母3分の1
(両親ともにいる場合は、二人で3分の1ですので、父6分の1、母6分の1です)
被相続人が幼いときに両親が離婚し、父に引き取られました。母は相続人となりますか?
両親が離婚していても、法律上は母であることに変わりませんので母も相続人となり、上記の事例の場合には母は6分の1の相続分を有します。
⑶ 子がおらず、両親は亡くなり、配偶者と兄弟姉妹のある場合
配偶者4分の3 兄弟姉妹4分の1
兄弟姉妹が被相続人より先に亡くなっていた場合はどうなりますか?
相続人である兄弟姉妹が、被相続人より先に亡くなっていた場合、兄弟姉妹の子が相続人となります。これを「代襲相続」といいます。おじや叔母が父母より先に亡くなった場合は、いとこが相続人となります。子も亡くなり孫がいる場合は孫が相続人となります。(これを「再代襲相続」といいます。)
⑷ 相続人がわからない場合
この場合には、戸籍謄本等を取り寄せて、調査することになります。
»相続人不在の場合
⑸ 遺贈の相手方(第三者)
相続人ではありませんが、遺言書で財産をもらった人も遺産をもらう権利があります。
⑹ 相続人で相続したくない場合
»相続放棄
相続のご相談は藤井義継法律事務所へ。お電話078-362-2411、受付時間/月〜金 9:00〜19:00/土 9:00〜12:00