相続をするときのポイント

遺産の種類

遺産はどのようなものがありますか?

⑴ 預金

ある程度の資産家であった場合、銀行が死亡を察知して、銀行預金を口座凍結し、あるいは相続人の1人が銀行に死亡した旨を通知すると、銀行は相続人の全員の実印がなければ払戻しに応じなくなります。

口座凍結されてしまうと葬儀費用等の支払いにも困りますので、当座の費用等は相続人間で話し合いをして、払戻し請求することが多いですが、その後は遺産分割協議ができるまで預金は塩漬けとなってしまいます。
Aさんは2人兄弟で、母は既に亡くなっています。父が死亡した後、Aさんの兄が父の通帳等を持ち出し勝手に預金を引き出しているようなので、Aさんは、銀行に父が死亡したことを連絡しました。Aさんの兄は、立腹してAさんの分割協議に応じず、銀行も払戻しに応じません。
【処理】
当職が受任し、銀行に対し、Aさんの相続分である預金の半額の払戻し請求をしたところ、一部の銀行は任意に応じてくれました。任意の支払に応じてくれない銀行とAさんの兄に対しては、訴訟を提起し、預金の半額と死亡後に引き出した預金の半額の支払請求をしました。その後Aさんの兄にも弁護士がつき、銀行に対してはAさんの兄との連名で払戻し請求し、Aさんの兄が父の死亡後引き出した預金については入院費用や葬儀費用を清算して半額を支払う和解が成立しました。
⑵ 株式・投資信託
⑶ 不動産・自動車
不動産については、その財産価値をいくらと評価するかで問題となることが多いです。裁判所では、争いのない場合は固定資産評価ですが、争いのある場合は、不動産鑑定をしなければなりません。
不動産や自動車を法定相続すると、全相続人の共有となりますが、共有だと後日売却しようとしても共有者全員の同意が必要になるなど、不都合なことがあります(自分の持ち分だけを売却することは可能ですが、一般的には持分だけを購入する人はほとんどいませんし、非常に安い価格でしか売れません)。また、現に居住(使用)している人がいたり、今後居住(使用)することを希望する方がいる場合なども多いですので、そのような場合には、相続人間の協議により、一人が不動産を単独相続する代わりに他の相続人には共有持ち分相当額をお金で支払ったり、他の遺産を渡すなど調整することが必要になってきます。
⑷ ゴルフ会員権
⑸ 生命保険・退職金
生命保険や退職金は遺産でしょうか?
生命保険の保険金は、遺産ではありませんので、相続放棄しても受領できます。退職金については、就業規則の定めによりますが、労災保険法の規定を準用をしている例が多く、この場合は、生命保険と同様遺産とならないというのが裁判所の考え方です。
相続のご相談は藤井義継法律事務所へ。お電話078-362-2411、受付時間/月〜金 9:00〜19:00/土 9:00〜12:00