相続をするときのポイント

相続人不在の場合

相続人がいないようなのですが、どうなりますか?

相続人がいない場合、亡くなった方と特別な縁故関係があった人は、裁判所に申立てをして遺産を受け取ることができる場合があります(このような方を「特別縁故者」といいます)。

A子さんの両親は、結婚してしばらく子がいなかったので、遠縁のB子さんを幼女とするつもりで引き取りましたが、間もなくA子さんが産まれたため養子縁組はしませんでした。
A子さんとB子さんは子どものときから姉妹のようにとても仲良くして成人後も頻繁に会っていましたが、B子さんの父母も兄弟もすでに亡くなっており子もいないので、B子さんには相続人はいません。
B子さんは、父母から相続した自宅と株式やお金がかなりありましたが、亡くなりました。
【処理】
当職が受任し、B子さんの相続財産管理人の選任申立をして、相続財産管理人を選任してもらいA子さんを特別縁故者として遺産を分与する申立てをしました。その結果、A子さんがB子さんの遺産の分与を受けました。
相続のご相談は藤井義継法律事務所へ。お電話078-362-2411、受付時間/月〜金 9:00〜19:00/土 9:00〜12:00