相続をするときのポイント

法定相続分の調整

法定相続分の調整にはどのようなものがありますか?

⑴ 特別受益
特別受益とは、相続人が亡くなった方(被相続人)から、結婚または養子縁組に際して、あるいは生計の資本として、贈与を受けた場合、この金額を遺産に加えた後、その人の相続人の相続分から差し引いて相続人間の公平をはかる制度です。遺留分計算の際にも特別受益の調整がなされます。
相続人の生前、相続人から財産を援助してもらっていませんでしたか?
生前贈与は特別受益として調整されます。
⑵ 寄与分
寄与分とは、亡くなった方の仕事に専従者として従事して世間相場の給与をもらっていなかった場合、亡くなった方の仕事に出資したり、借金の返済をした場合、亡くなった方の世話をしたりして、亡くなった方の財産の維持や増加に特別の寄与をした人については、その寄与分をお金に換算して遺産から差し引き、その人の相続分に加える調整です。
亡くなった人の遺産の形成や減少の防止に貢献した人はいますか?
その場合には寄与分として調整されます。

Bさんは父の商売に青色専従者として長年従事してきました。Bさんは父と同居していましたので、所帯は母がし、必要額を母に言ってもらっており、専従者給与は帳面上だけで実際にはもらっておらず、ただ働きも同然でした。
母が先に亡くなり、父もすぐに亡くなりました。残された遺産は店も含め全て父の名義となっています。遺言書はなく、兄弟は法定相続で均等に分けるべきだと主張しています。
【処理】
当事務所で受任し、遺産分割の調停を申し立てるとともに、同時に寄与分を定める審判の申立をしました。そして、調停で兄弟と話し合った結果、遺産の1割ほどをBさんの寄与分と認める合意をして遺産を分けることになりました。
Cf. 同居による使用利益
遺産である土地や建物の無償使用については、特別受益とされますが、故人と同居していた場合は、使用借権の設定が認められないので、遺産の価値の減少はないとして特別受益とは考えません。
相続のご相談は藤井義継法律事務所へ。お電話078-362-2411、受付時間/月〜金 9:00〜19:00/土 9:00〜12:00