遺産の残し方

税務対策

相続税対策の基本は、

相続人の数を増やす
養子縁組 実子のある場合は1人まで、実子のない場合は2人まで法定控除枠が増えます。
資産評価を下げる
現金や預金や上場株式は時価で評価されますので、時価より低い評価となる不動産(土地・建物)を購入します。中心部のタワーマンションなどは、土地の部分が少なく、相続税の評価が時価よりかなり低いので相続税対策に適しています。
負債を増やす
更地の土地に銀行から建築費を借りて収益マンションを建てると、土地の評価も下がり、負債も増えるので一石二鳥の節税方法となります。
生前贈与で遺産を減らす

住宅資金贈与 住宅の取得資金を贈与する。
https://www.nta.go.jp/taxanswer/sozoku/4508.htm

教育資金贈与 孫に教育資金を贈与する。
https://www.nta.go.jp/taxanswer/zoyo/4510.htm

相続税の計算方法は
http://www.nta.go.jp/shiraberu/ippanjoho/pamph/koho/kurashi/html/05_4.htm

詳しくは税理士にお訊きください。

相続のご相談は藤井義継法律事務所へ。お電話078-362-2411、受付時間/月〜金 9:00〜19:00/土 9:00〜12:00